腕のムダ毛とつり革の苦い思い出

Little Freude ~リトル フロイデ~ > 医学 > 腕のムダ毛とつり革の苦い思い出

腕のムダ毛とつり革の苦い思い出

夏のムダ毛と聞いて思いだすのは、腕のムダ毛と電車のつり革です。 夜、お風呂に入った時に処理しても、次の日の夕方にはうっすら伸びている腕のムダ毛。しかも、剛毛。毛色は真っ黒。凄く目立つ。 電車のつり革に掴まると、腕の位置が顔と近いので、腕のムダ毛がよく見えることといったら!(恥ずかしい?!) 隣に立っている人からも見えているのではないかと考えると、夕方はつり革に掴まることが躊躇われ、つり革に掴まらなくでもすむ、ドア脇で空いているスペースがないか、必死で探したことが夏のムダ毛の思い出です。 永久脱毛上大岡.xyz

関連記事

  1. クリニックの内装を気にいない時代は終わった?
  2. 腕のムダ毛とつり革の苦い思い出