昔は似合っても今は似合わない

Little Freude ~リトル フロイデ~ > 文化 > 昔は似合っても今は似合わない

昔は似合っても今は似合わない

切るのが面倒くさくて伸ばしていた髪の毛がとても傷んでしまい、少し短くしようと思った時のことです。どうせ切るなら短めに切ろうと思い、肩にかからないくらいの長さにしようと思いましたが、ちょうど結べない中途半端な長さだったので思い切って耳が隠れるくらいの長さに切りました。周りからはどんな長さでも似合うと言われてきたので迷わず短くしました。ほぼショートの長さになり、そこまで短くしたのは久々だったのですが、昔に比べて顔が大きく見えてしまいとても後悔しました。最後にショートカットにした時から10年、体重も10キロ増えたので昔のようにショートカットが似合わなくなっていたのです。夫にも「顔が大きくなったね」と言われとてもショックでした。長い分には調節できるけれど、切ってしまった髪は伸ばすのに時間がかかります。もう少し考えてから切れば良かったのに、自分の事を10年前と変わらずに考えていたことが恥ずかしくもありショックでもありました。私のように顔にお肉がついている人は髪の毛で顔の輪郭を隠したほうが良い事に気付かされました。 津田沼脱毛

関連記事

  1. カーチェイス
  2. 昔は似合っても今は似合わない